60歳以上の求人を探すコツが満載!転職応援ガイド

*

質より量の求人案件

1.情報収集先

 どの年齢層の転職もそうですがまずは求人案件を探すことが転職の出発点になります。特に60歳以上の高齢者となると求人案件自体を探すのに結構苦労します。そこでより短期間に転職をするためには、比較的高齢者向けの求人案件を多く扱っている機関等を利用することです。

 例えばシルバー人材センターや転職情報サイトの利用です。シルバー人材センターは地域毎に1つずつ設置されている高年齢者の自主的な団体で、臨時的・短期的または軽易な業務を、請負・委任の形式で行う公益法人ですが、一部の地域では届出のみで行うことができる一般労働者派遣事業を行っているところもありますので、最寄りのセンターにお問い合わせするといいでしょう。

 エン・ジャパンやマイナビ、デューダ等の転職情報サイトはリクルートスタッフィングやパソナキャリア等の転職エージェントと違い求人紹介のみで、後は殆ど自分一人で応募することになりますが、求人情報を探すためにはお勧めの利用方法です。

2.過去を引きずらない

 60歳となれば多くの企業で定年の年齢となります。高年齢者雇用安定法の改正によって65歳までの雇用が義務付けられたといえ、60歳でいったん退職することには変わりありません。その後嘱託等として継続雇用していくことになります。これによって、外部から転職するとなると余計に求人が減ってくることになります。

 何故なら、これまで外部からパート等で賄っていた業務も、社内人材で賄うようになるからです。こうした中で転職活動するには、次のポイントを押さえなければなりません。

1)過去の栄光を引きずらない。
60歳以上は定年後ですから、基本的には企業は「お疲れ様でした」と肩を叩き送り出す人材です。そうした高齢者ですから、過去の職歴に拘っても、殆どの企業は相手にしてくれません。従って、過去の職歴にとらわれずに広い視野で転職先を求めることです。

2)雇用形態に拘らない
雇用形態は正社員しか興味がない、というのでは恐らく転職は決まらないでしょう。会社で手腕を発揮し優秀な部下を育て上げた功労者でさえも、定年後は嘱託や契約社員、パート等と非正規雇用になるくらいですから、外部からの応募者が正社員で入ることはまずないと考えた方が無難です。従いまして非正規雇用となることも甘んじで受ける覚悟がなくてはなりません。

3.需要と供給のアンバランス

 高齢者の求人においては、元気なお年寄りによる供給曲線が上昇し続ける一方で、需要曲線が横ばいどころか下がっている、そして今後更に下がっていくことが予想されます。これは高年齢者雇用安定法の改正による影響が大きく起因しているからです。そうした中では求人の質より量を重視することが必要です。「時給も含めた給与が高い」、「月給制」、「週休二日制」、「年2回の賞与有」、「高齢者望む」、といった5拍子も揃った“高級求人”等ある筈がないと考えてください。

 元気な高齢者が増大している中では転職を求める60歳以上の高齢者も同じように増えています。つまり求人に寄せる応募者がそれだけ集中し易いということです。競争率が高いということです。ですから一社よりも二社、片手よりも両手程の求人案件をまずは見つけることが大拙になってきます。このことは冒頭で述べた通りです。

4.まとめ

 高齢者が転職するという行動自体とても歓迎すべきことです。元気なうちは体や脳を動かしていた方が長生きしますし、休日も楽しめます。一日中眠っていたいと考えるよりずっと健康的です。

 単発なパートでも、期間きめのパートでも、一生懸命業務をこなしていくと、次々と次の仕事が回ってきたりします。まるで常用労働者に近い働き方をする高齢者もいたりします。とにかく短期・長期パートの別なく、そして契約社員でも構わないといった考えで求人を探していれば、必ず見つかります。求人は質より量を、です。

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
毎週2000件以上求人を更新する国内最大規模の総合求人サイト。幅広い年齢層が利用しており、無料会員登録を行うことでさらに効率よく求人を探すことができます。
利用者の声
良かった
60歳以上の求人を探したいならリクナビNEXTがおすすめです。私もこの年齢に該当しますが、なんとか拾っていただける企業が見つかりました。しかもそれなりの戦力として評価していただくことができたのです。恐らくここ以外のサイトでは、こうした企業と出会うことはなかったでしょう。
良かった
これまでは紙媒体で転職を試みておりましたが、知人の勧めもありリクナビNEXTに登録し、転職を試みることになりました。まだ具体的な成果は出ていないものの、非常に使いやすく驚いております。求人の数、企業情勢や仕事内容のわかりやすさ、転職活動のイロハなど、全てが私には必要なものだと感じております。
良かった
リクナビNEXTに登録するやいなや、複数の企業から面接の誘いがありました。自ら応募するのがこの手のサービスだと思っていたのですが、リクナビNEXTは向こうからのオファーも受けられるのです。私の転職はこれによって叶いました。まさか応募せずに決まろうとは。
普通
キーワード検索により、60代と入力しても、求人は多々見つかります。60歳以上の求人がこれほどある転職サイトはリクナビNEXTくらいではないでしょうか。ただ、それがすぐに転職に結びつくかは不明。私も複数応募し、未だに転職叶わずの状態です。それでも頑張りたいと思わせてくれる良さもこのサイトにはあります。
普通
中高年でも、どうしたら転職に有利になるのか、若い人たちに負けずに活動を成功させることができるのか。こうしたことを記事にまとめて欲しいと切に願います。リクナビNEXTは若い人に目を向けた記事が多く、私のような高齢者が参考にできるようなものがとても少ない。ここだけが残念でなりません。

公開日:
最終更新日:2016/03/02